世界と日本のどこからでも日本の受験英語と米国大学向け英文エッセイが習えます。国語もご相談ください。英語の話と教育評論も少々。
オンライン授業とは、ネットを使った授業のことを言いますが、2種類あります。

一つめは、コンテンツがすでに録画・記録されて、
いつでもそこにいってみられる、というもの。

これは一度取ったら繰り返し使えるので、比較的安価に提供されますが、
内容は、時間が短い(5~20分が多い)ので、ポイント主体であまり深くない。
はっきりいって、上位校を受けたい人にはおすすめはしません。

90分の授業一本まるまる撮った教材もあり、
そちらはリアルの授業に近いですが、
そこそこ高いし、そういう勉強が合わない学生もいる。
4月に入学、8~9万払って1か月でやめて、私のクラスに来た生徒もいます。

「始めてすぐに『これでは絶対成績伸びない…』とわかった。
親に頼んで、途中でやめさせてもらってこっちにきた。
お金は戻ってこなかった」
5月に移ってきてくれたので、現役で千葉大薬学部受かりました。

リアルで質問できないのは、大きな欠点。
あと、何回聞いても「なんでそうなるの?」というところがある。
講師が生徒の反応なしで録画しているから、説明の飛躍があるらしい。
「吹き込まれた音声がくちゃくちゃきたない人がいて、生理的にだめ」という声も。

2つめは、リアルタイムでやり取りしながら行われる授業。
私がやっているのはこちら。
ほぼ、教室と変わりません。
生徒の反応を見ることができ、質問もその場で解決。

個人的に、私はどちらのシステムでも受講したことがあります。
前者では、今現在中国語とプログラミングを勉強中。
ただ、その場で疑問に対する回答がないので、う~んなことも多い。
とくに、プログラミングでは「何を・なんという単語を使って・どう質問すべきか」がわからない。
中国語は文法の説明が少なすぎ。(1回の分量を多くできないから)
あと、講師による回答がない。
よくあるのだが、ビデオに出演している講師と質問回答者は別。
学生バイトが答えていることも。
長所はやはり「24時間いつでもできる」こと。

後者のシステムでは、仏・西。伊語を勉強していました。
これは質問はすぐ聞けるけれど、
講師の質によっては「もったいない」授業になることも。。。
「高いお金払っているのに…」と思う講師がほとんど。
でもリアルタイムの対面授業は、情報量多い。勉強させられる。
あと、家からできるので、絶対的にラク。

いろいろ経験している私の授業では、
「こういう講師に習いたい!」という授業を展開しています。
体験授業後のアンケートはみんな
「はじめてだったけれど、満足した」と言ってくれます。






スポンサーサイト




【2020/03/23 20:02】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可