世界と日本のどこからでも日本の受験英語と米国大学向け英文エッセイが習えます。国語もご相談ください。英語の話と教育評論も少々。
このブログに出会いました。

「発達障害を持つ子の母強し 時に弱し」

娘の学校の中学生がコロナにかかったが軽症なので自宅待機。
自宅待機ということでつねに親と接触がある。
自分は親を殺すかもしれない。
悔やんでも悔やみきれない。。。

という話が書いてあります。

ちなみに世界ではコロナにかかった若者も死んでいます。
重症化するのは老人ばかりではありません。

たとえ軽症であっても、あなたはあなたの親を殺すかもしれない。
その時あなたはどんなに悔やんでも悔やみきれないでしょう。


そして、親と同居していないから平気と思っている人たちへ。

自分はかからない、かかったらかかったでその時だ、と考えている若者へ。

あなたのその軽はずみな行動が東京の封鎖につながったら、
その後大きな社会的経済的変革が起こります。
(世界はきっかけを待っているのです。東京封鎖はまさにそのきっかけです)
その世界ではあなたの居場所はないかもしれません。
だって、おろかなんだもの。

AIよりも判断力が悪く
AIも持っている「想像力」がなく
人間だけが持つ共感力がないなら

たぶんお金は稼げないと思う。











スポンサーサイト




【2020/04/04 00:27】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可